カクテルの名前

カクテルに詳しい人ってちょっとかっこいいですよね。
あまりに知識をひけらかす人は嫌われますが、さりげなく披露するのは好印象を与えます。

・スクリュードライバー
イランの油田で油田で働いていたアメリカ人技師たちはウォッカを飲むときにはオレンジジュースでわって飲んでいました。しかしマドラーがなかったのでスクリュードライバー(ねじ回し)を使って混ぜていたのです。そのため、ウォッカのオレンジジュース割りがスクリュードライバーと呼ばれるようになりました。
また、レディーキラーと呼ばれることもありますが、これはアルコール度数の高いウォッカをくりあたりの良いオレンジで割って飲ませることで無自覚に酔わせることができるという意味で呼ばれた名前です。

・ソルティドッグ
ウォッカがベースになっているカクテルです。グレープフルーツのさっぱりした口当たりで、グラスの縁には緑の食塩がかけられていて、この組み合わせが絶妙な味わいを生んでいます。1940年代のイギリスで生まれたカクテルでソルティドッグとは「甲鈑員」という意味です。甲鈑員が汗を流して塩だらけで働くことからソルティドッグと呼ばれるようになり、そこからつけられました。
ちなみに塩がついていない場合はブルドッグやテールレスドッグ、グレイハウンドと呼ばれることがあります。